医療法人設立・診療所開設はお任せください

医療法人化で節税!経営基盤の強化!社会的信用の確立!

個人経営にすべきか? 法人経営にすべきか?

病院

個人経営で続けていくか、法人経営にするかのどちらにするかは、悩みの尽きないところですが、医療を取り巻く環境が急変しているなか、診療を継続していくためには、診療と経営のバランスが、必須のテーマになっております。

 

  • 医療法人の設立、診療所の開設を一からお願いしたい
  • 分院の申請をサポートして欲しい
  • クリニックの移転を予定しているが手続きが多すぎて対応できない
  • 保健所や厚生局の手続きを依頼したい

ミストラル社会保険労務士・行政書士事務所では、「医療法人・診療所」を社会保険労務士として数多くの顧問契約(顧問契約総数の約40%)をいただいております。

そのため上記のようなご相談をよくいただきます。

ミストラルが選ばれる理由
当事務所では、医療法人の設立手続きから保健所などの関係行政庁への申請、そして設立・開設後の「新規の労働保険・社会保険加入の手続き」「就業規則・規程の作成」をはじめてとして、職員の継続的な人事・労務管理全般のサポートをすることもお手伝いいたします。

個人事業で開業されているクリニックの医療法人化、医師・歯科医師の先生の新規医療法人の設立認可をサポートしております。

医療法人社団と医療法人財団のいずれの設立認可もサポート可能で、書類作成から自治体申請まで医療法人設立認可申請を代行いたします。

ぜひ、一度お気軽にお問合せください。

 医療法人のメリットは何?デメリットもあるの?