古物商とは

「古物商」とは

古物の売買等(古物営業)には、盗品等の混入のおそれがあるため、古物営業法に基づき都道府県ごとに許可を得なければ営むことができません。

古物営業の許可申請をして、許可を受けた者を「古物商」といいます。

 

「古物」とは

一度使用された物品や、新品でも使用のため取り引きされた物品、及びこれらのものに幾分の手入れをした物品を「古物」といいます。

古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されます。

(1)美術品類

書画品、工芸品、彫刻品など

(2)衣類

洋服、和服、その他衣料品など

(3)時計・宝飾品類

時計、宝石類、貴金属類、眼鏡類など

(4)自動車

自動車とその他部品類など

(5)自動二輪車及び原動機付自転車

自動二輪車及び原動機付自転車とその他部品類など

(6)自転車類

自転車その他部品類など

(7)写真機類

写真機、光学式機器など

(8)事務機器類

計算機、レジスター、ファクシミリ装置、事務用電子計算機など

(9)機械工具類

工作機械、土木機械、電気類、工具類など

(10)道具類

家具、什器、運動用具類、磁気記録媒体、楽器など

(11)皮革・ゴム製類品

カバン、靴など

(12)書籍

古本、書籍類

(13)金券類

乗車券、商品券、郵便切手及び、これらに類する証票など

※1度の許可申請につき、複数の「古物」を選択することは可能ですが、全選択したとき、許可申請の受付を留保される場合があります。

では、古物商の許可をもらうにはどこに申請すればいいのか?審査基準など詳細をご説明します。

 古物商の許可申請について