古物商許可取得後の手続きについて

古物商許可取得後の変更手続き

古物営業変更届出

古物商または古物市場主は、許可申請書に記載した次の事項を変更したときは、14日以内(法人で変更届出事項に係る登記事項証明書を添付する必要があるときは、20日以内)に公安委員会に届け出なければなりません(実際に届け出るのは営業所を管轄する警察署保安係です)。

  • 営業者の氏名及び住所又は居所(法人ならば名称、所在地及びその代表者の氏名)
  • 営業者又は古物市場ごとに主な取扱品目の変更
  • 管理者の氏名及び住所
  • 古物商の場合に、行商を行うかどうか
  • 法人の場合には、役員(監査役を含む)の氏名及び住所、辞任や就任
  • 営業所の増設(新たに管理者を定める必要があります)、移転、廃止、名称の変更
  • 管理者の変更、住所変更

※他府県にも許可がある場合、以下に掲げる事項の変更は、いずれかの公安委員会に届け出れば、他の公安委員会に届け出る必要がありません。

  • 許可を受けた者の氏名又は住所の変更(法人の場合には、法人の名称又は法人の所在地の変更)
  • 許可を受けた者が法人の場合には、全ての役員に関して氏名又は住所の変更

 

古物営業書換申請

許可証に記載されている事項を変更したときには、変更届のほかに許可証の書換えを申請しなくてはなりません。

  • 氏名又は名称
  • 住所又は居所
  • 代表者の氏名、住所
  • 法人の代表者変更 
  • 行商を行うかどうか

許可証の書換えはそれぞれの許可証について書換える必要がございますので、各公安委員会へ申請しなければなりません。

 古物商許可に関するよくある質問