産業廃棄物収集運搬業について

産業廃棄物の処理の流れ

産業廃棄物は、許可を取得した収集運搬業者が運び、中間処理業者、最終処分業者によって処分されます。

収集運搬について

産業廃棄物を中間処理施設又は最終処分場へ運搬する仕事です。

中間処理について

中間処理とは、大きな廃棄物を小さくしたり、有害な廃棄物を無害にしたりする仕事です。最終処分場が不足している現在、重要な役割を担っています。

最終処分について

最終処分には、「埋立処分」と「海洋投入処分」があります。

埋立処分は、廃棄物の無用な拡散や流出を避けるため、陸上や水面の限られた場所を区切ってつくられた施設で貯留し、年月をかけて自然に戻そうとするものです。

最終処分場は、環境保全の点から汚水の外部流出、地下水汚染、廃棄物の飛散・流出を防止するため細かな処理基準が定めれています。

 

産業廃棄物収集運搬業の種類

1 産業廃棄物収集運搬業許可

最近、収集運搬業の許可の希望が増えつつあるように感じます。
排出事業所のコンプライアンス(法令遵守)の高まりで、取引業者に収集運搬業の許可を求めたりすることも多いようです。

2 積替え・保管の許可

積替え保管とは、収集・運搬した産業廃棄物を途中で降ろして別の車両に積替えたり、廃棄物を自社の倉庫等で一時的に保管しておくことです。
積替え保管の許可がないと、排出元から処理場へは直行しないといけません。

一定量たまってから運搬するほうが運送コストも減らせますし、逆に、一定以上の量でないと処理場が受け入れてくれない処理場もあります。

「積替え保管あり」で産業廃棄物収集運搬業の許可を取れば、このような業態が可能になりますが、積替え保管を予定する許可自治体に事前計画書等を提出し適正に積替え保管を行えるか審査を受ける必要があります。
地域によっては、環境条例等により担当部署に別途手続きが必要な場合もありますので、事前にご相談ください。

 

積替え保管のメリット
 一定程度たまってから運べるので処理費用が安い!!
 毎回直行しなくていいので効率がよく運送コストも安い!!

 産業廃棄物収集運搬業許可をとるにはどうすればいい?