飲食業の営業許可を得るには?

飲食店など食品関係のお店を始める場合、食品衛生法に基づく営業許可が必要です。

営業許可が必要な業種は、レストラン、居酒屋、スナック等の飲食店、パン、ケーキ等の製造販売、魚介類、食肉、牛乳などを販売する業態など食品衛生法(34業種)で定められています。

許可を受けるには、各業種ごとに定められた施設基準を満たしていなければなりません。

営業施設及び設備は営業専用のものが必要です(家庭の台所での兼用はできません)。

insyoku

食品衛生法で定められた代表的な3業種

業種名

内容

飲食店営業

一般食堂、料理店、すし屋、そば屋、旅館、仕出し屋、弁当屋、レストラン、バー、ラウンジ、その他食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる営業をいいます。

喫茶店営業

コーヒー、紅茶などお酒以外の飲み物のみを提供する喫茶営業、かき氷を販売する営業、コップ式自動販売機、既製アイスクリームをディッシャーで盛付ける等の営業をいいます。(軽食を提供する喫茶店は飲食店営業となります)

菓子製造業

洋菓子、和菓子、あめ、せんべい、ガム等を製造する営業及びパン製造の営業をいいます。

  • 上記以外の食品営業許可についても、承っておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

 営業許可の手続きの流れ