NPO法人設立までの流れ

実際にゼロからNPO法人を設立するまでの流れを、ご説明いたします。

全体の流れとしては、「NPO法人設立かんたんチェックリストの作成アドバイス」から「書類作成」そして「法務局への登記」を行うことになります。

お客様に「NPO法人設立かんたんチェックリスト」をご記入いただいた後は、
すべて当方(登記申請は提携司法書士)で代行いたします。

 

弊所にご連絡(ご依頼)後の流れ

1 お問い合わせ

お問い合わせ大歓迎!!
電話(06-6360-7088)、FAX(06-6360-7089)、メール(support@mistrale.jp)

流れチャート

2 「NPO法人設立かんたんチェックリスト」の記入

NPO法人設立のために決めていただく各項目を記入するチェックリストをお渡しします。

流れチャート

3 発起人会の開催

設立趣旨書、定款、事業計画書、収支予算書などについて打ち合わせ、原案を作ります。

流れチャート

4 設立総会の開催

設立時の社員が集まり、法人設立の意思決定を行うとともに、設立発起人会で作成した定款などを決議します。

流れチャート

5 申請書類の準備・作成

  • 設立認証申請書
  • 定款
  • 役員名簿
  • 誓約書及び就任承諾のコピー
  • 役員の住所又は居所を証する書面(住民票など)
  • 社員のうち10人以上の者の名簿
  • 確認書
  • 設立趣旨書
  • 設立についての意思の決定を証する議事録のコピー(設立総会議事録のコピー)
  • 設立当初の事業年度及び翌事業年度の事業計画書
  • 設立当初の事業年度及び翌事業年度の活動予算書(収支予算書)

流れチャート

6 設立認証の申請

所轄庁へ設立認証書類を提出します。
一度で受付されることはあまりなく、何度かやり取りすることがあり多少時間を要することがありますが、補正しながら受付までこぎつけましょう。
形式上の不備がなければ、書類は正式に受付されます。

流れチャート

7 公告・縦覧、所轄庁による審査

設立認証書類を提出後、2か月間、縦覧に供する。
縦覧後2か月以内に認証・不認証が決定されます。
審査は原則として書類審査で行われます。

流れチャート

8 認証・不認証の決定

認証の場合は認証書、不認証の場合は理由を記載した書面で通知されます。
(不認証の場合でも修正して再申請することはできます)

流れチャート

9 設立登記申請書類の作成

設立登記申請に必要な書類をすべて作成します。
ご準備いただく書類は速やかにご案内いたします。
(注)認証書が到達した日から2週間以内に、事務所所在地を管轄する法務局に設立登記手続きを行う必要があります。

流れチャート

10 設立登記の申請

設立登記の完了により正式にNPO法人となります。

流れチャート

11 設立登記完了届の提出

  • 設立登記完了届出書
  • 登記事項証明書(原本)
  • 登記事項証明書(コピー)
  • 設立当初の財産目録
  • 定款

 

無事に、NPO法人設立に至るわけですが、実は会社設立後も関係行政機関への届出が数多くあります。

 社会保険労務士の資格も有するミストラルだから、設立後も安心してお任せください。