外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が適切に対処するための指針 の一部を改正する告示パブコメ(31.1.25)

2019年01月25日

外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が適切に対処するための指針(平成19年厚生労働省告示第276号)は、労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律(昭和41年法律第132号。以下「労働施策総合推 進法」)第7条に定める事項に関し、事業主が適切に対処することができるよう、事業主が講ずべき必要な措置について定めたものである。
 
「外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」の第3回会議(平成30年12月25 日開催)において了承された「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」において、外国人との共生社会の実現に向けた環境整備が必要との方針が示されたこと を踏まえ、労働関係法令等の遵守や公正な待遇の確保等、多様な人材が安心してその有する能力を有効に発揮できる環境を整備するため、必要な見直しを行う。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload…

著者:太田満