外国人労働者受入れに関する覚書をマレーシアと締結方針(R1.5.15)

2019年05月15日

4月の入管法改正による新在留資格「特定技能」が設けられたことに伴い、政府は、悪質な仲介業者を排除するための覚書の締結を進めており、フィリピン、カンボジア、ネパール、ミャンマー、モンゴルと締結済みとなっています。
 
新たにマレーシア政府が新たに締結する方針であることが明らかになりました。
 
上記のほかにベトナム、中国、インドネシア、タイとの締結も進めており、マレーシアとの間で覚書が結ばれると10か国目となります。
今月下旬のマハティール首相が訪日するタイミングで詳細を協議します。
マレーシア側は7月にも協定を結ぶ意向です。
 
これまでに締結された協力覚書の詳細については、下記リンク先でご確認ください。
(参考)
http://www.moj.go.jp/nyuukokuk…/…/nyuukokukanri05_00021.html

著者:太田満