「通達」海外転出に伴う国民年金の任意加入手続きに関する改正(29.12.6 厚労相)

2017年12月19日

官報は、国民年金保険料を口座振替により納付している第1号被保険者が海外に転出し、同月内に引き続き任意加入被保険者となる場合等であって、当該被保険者が引き続き同一の口座から口座
振替による納付を行う旨申し出た場合は、預金口座の番号等の記入を省略できると公布し、通達を発出しました。
今改正は、平成30年4月1日から施行となっています。

著者:太田満