改正入管法の政省令案の概要が公表(31.1.14)

2019年01月14日

外国人材の受入れ拡大を目的とする改正入国管理法の成立を受けた政省令案概要が、パブリックコメントに付されています。
 
新たな外国人材受入れに関する政省令の骨子案(イメージ)は、以下のとおりです。
 
1 新たに設ける省令(2省令)
(1) 契約、受入れ機関、支援計画等の基準に関する省令
○受入れ機関が外国人と結ぶ契約が満たすべき基準(法第2条の5第1項)
 
○受入れ機関が満たすべき基準(法第2条の5第3項)
 
○支援計画が満たすべき基準等(法第2条の5第6項等)
 
(2) 分野、技能水準に関する省令
○受入れ対象分野、技能水準(法別表第1の2の表の特定技能の項)
 
2 既存の省令の改正(2省令)
(1) 上陸基準省令
○外国人本人に関する基準(法第7条第1項第2号)
 
(2) 出入国管理及び難民認定法施行規則
○受入れ機関の届出事項・手続等(法第19条の18第1項等)
 
○登録支援機関の登録に関する規定等(法第19条の26第1項等)
 
○その他

http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000181685

著者:太田満