労使合意に基づく社保加入は1742人(29.9.13 厚労省)

2017年09月19日

厚生労働省は、パートなど短時間労働者を対象にした厚生年金への加入拡大で、今年4月から中小企業も任意で入れるようにしたのを受け、6月末までに新たに1270事業所で1742人が加入したことを明らかにした。

500人以下の中小企業を対象にした加入拡大は、労使合意に基づき事業主が申し出た場合に実施される。

従来は週におおむね30時間以上働く人に限られていたが、

(1)労働時間が週20時間以上

(2)賃金が月8万8000円以上

などの条件を満たす短時間労働者も厚生年金に加入できるようになった。

昨年10月から先行実施された501人以上の企業では、6月末までに33万7930人の短時間労働者が新たに厚生年金に加入した。

著者:太田満

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL